人気ブログランキング | 話題のタグを見る

お彼岸

2020年3月25日


暑さ寒さも彼岸までという言葉があるように、秋のお彼岸は暑さが終息するとき、春のお彼岸は寒さが終息するとき、と昔の人は大きな四季の変わり目にお彼岸をしるしに使っていました112.png


その、春のお彼岸。

ちょうど先週末の三連休がそうでした。


寒さもひと段落した土曜日、隊長は大切な人のお墓参りに行って来ました。

隊長の叔父さんのお墓。

バリバリの企業戦士だった叔父さんは、いまの隊長より若い42歳で亡くなっています。


サラリーマン人生で辛いとき、叔父さんは隊長の心の支柱になってくれています。

若くして出世した方なので、管理職の辛さなどは物言わぬ存在だけど、きっと心の中で分かってくれているはず。

そう思って隊長はときどき手を合わせています112.png


暑さ寒さ~の言葉通り、穏やかなポカポカ陽気の中、船橋の霊園でのお墓参りでした101.png


櫻もちらほらと咲く本当にのどかな陽気でした。

ずっと具合がよくなかった母も、気温の上昇と天気の良さにこの日は元気に自分の兄のお墓参りができました。

朝早くからお墓について、お墓周りを一通りお掃除し、手作りのおはぎと美味しい吟醸酒を墓前に供え、しっかりとお参りしました。

その際に、隊長はこのたびようやく完成した絵本「丘ばちくん」を墓前に供えました110.png


叔父さんには、3年前の「丘ばちくん」の制作に入るとき、これから隊長は「やります!」という覚悟をもってお参りをし、そして完成できるように見守ってもらえるようお願いしていました。

だから、でき上ったら絶対に現物を持ってお供えをしようと思っていたのでした。

それが、ようやく叶いました。

お彼岸_d0155439_10151662.jpg
隊長の大切な叔父さま、見守ってくれて、ありがとうございました。


ちょうど、ミツバチが飛び回るぐらいの穏やかな陽気の元、お墓にお供えした丘ばちくんが笑っているように見えたのが不思議でした。


足掛け三年。

嬉しいご報告ができて、心からホッとできた隊長でした101.png


by jiyugaoka-bee | 2020-03-25 09:00